自宅での治療方法

自宅での治療方法

治療の方法とは?

病院に行くのは時間的に難しい、近くによい病院がないという場合にはアクロコルドンの治療は自宅で行うということになるでしょう。
自宅での治療法に関しては、ふたつの大きな方法があります。

 

イボに効果的な美容液を使用して治療する方法

イボに効果的な美容液がいくつかあります。どれも製法にこだわっており、美肌効果も期待できるいわゆる高級な類の美容液です。
イボでなくても毎日のお肌のケアに使えるものです。
また、イボケアに特化している商品もあります。

 

内側から治す方法

美容液が外側から治す方法であるのに対して、内側からイボを治す方法があります。
イボに効果のある食材、サプリメント、漢方などの摂取となります。

 

これらの方法をどちらか単独で行うこともありますし、併用して行うこともあります。

 

掛かる費用

自宅ての治療について気になるのは費用面だと言えるでしょう。
治療についてイボに効果的な美容液を使用することがありますが、これについては商品によっても金額にばらつきがあります。
美容液については、10,000円以下で買えることもありますし、ネット上のセール期間に購入すればお得に購入することも可能。
イボに効果のある塗り薬に関しては2,000円以下で購入できるので負担は少ないでしょう。

 

内側から治す方法に関しては、サプリメントは1,000円程度で購入可能。漢方については続けることで効果の出るものなので費用の負担が大きくなることが予想される。
しかし、内側からのケアの方法に関してはイボ以外にも健康面での効果も期待できる。

 

治療に掛かる期間

自宅でのイボの治療についてどのくらいの期間が掛かるのか気になるところでしょう。
あまりに月日を有すれば、病院での治療の方がいいのでは・・・?と悩むところです。
イボの個数も少なければ、数回の美容液の塗布でぽろっと取れてしまうことも多いですし(この場合は1週間以内ということも)、あまりに広範囲ということになれば結構な日数掛かることも予想されます。やはり、これも相性ということになるようです。ですから、初期のイボで個数も少ない場合は美容液は半分も使わないということも多いにあります。
でき始めのイボで個数も少ない場合に関してはすぐに取れることが殆どです。
イボの大きさや個数でかなり違うと言えます。

 

イボが取れたとしても、体質改善のために続けてサプリメントや漢方を利用するという人も多くいます。

 

どういう種類のものがあるの?

自宅でのイボの治療方法について主なものの紹介

 

美容液(杏仁オイル)を使用する方法

製法にこだわった美容液で、イボに関係なく毎日のケアで利用している人も多い。
ネット購入する人が多く、同じ商品であってもお店によって値段のばらつきがある。

 

イポケアexなどを使用する方法

こちらもネット購入が可能な商品。2,000円以下で購入できるお得な商品。

 

その他イボに効果のあるクリームを使用する方法

イボに効果のある塗り薬はたくさんある。クリームタイプのものから、液体タイプのものまで発売されている。

 

ハトムギ茶、ヨクイニンを飲む

イボに効果のあるハトムギ茶、ハトムギの種皮をはがしたヨクイニンを飲む方法など、内側からイボケアをする方法がある。
ヨクイニンに関しては病院で処方されることもある。

 

メリット

自宅でのアクロコルドンの治療法のメリットは、時間的に自由だということに尽きる。
自宅治療なので、誰かに指導されることもなく自由度が高いので忙しい人にはお勧めしたい治療法。
首イボに効果のある美容液を使用した治療法については、アクロコルドンが完治してもお肌の美容液として使えることで無駄が無い。
首イボにも効果がある美容液なので、美肌効果についてはかなり期待できる点も評価できる。
敏感肌や乾燥肌に効果があり、肌のアンチエイジング効果のある美容液が多い。

 

飲むことでイボの治療に効果があるハトムギ茶や、サプリメントもあるが、これに関してもイボ以外にも健康増進効果が高いので総じて健康になれる効果が期待できる。
また、家族がいる場合は家族の健康を考えての利用も可能。

 

デメリット

病院で診察して貰わないことでの心配はどうしてもあるでしょう。
基本的に良性と言われるイボでも、稀に悪性の疑いがあり病理に回されることもあります。
自宅での治療となると、そのようなことには配慮ができません。
自由度の高い治療法である自宅治療のデメリットは、誰にも干渉されないがために美容液を塗ることを忘れたり、面倒だからいっかと治療を省く可能性があるということ。
自己管理できるタイプの人でないと、続かないという声もあります。
美容液の付け忘れを防ぐためにアラームをかけたりすることで、付け忘れに関しては防ぐことが可能でしょう。
また、最初の段階での美容液購入に関しては思ったより費用が掛かるので、負担になるという声もあります。